高知の外壁塗装、屋根・内壁塗装、各種塗り替え・防水工事・リフォーム等はお任せください!

塗り替えの必要性

  • HOME »
  • 塗り替えの必要性

塗膜は太陽光や雨などから、建物を守っています。
しかし塗膜の寿命は、永久的ではありません。塗膜も人の健康管理と同じく定期的な検診を行い、もし問題がみつかれば早めの手当てが必要です。
つまり手遅れになる前の手当てが、あなたの家を長持ちさせる秘訣なのです。

塗膜は太陽光や雨などから建物を守っています

建物に塗料を塗装することで、雨などによる水の浸入を防ぐ機能(防水性)や建物を太陽光の紫外線から保護する機能(耐候性)を発揮して、建物を大切に守っています。

塗膜が傷み、建物の美観も低下します

塗膜が紫外線や降雨にさらされると少しずつ塗膜の表面から劣化が進み、建物の美観も損なわれていきます。 また、塗膜表面が荒れると汚染物質(塵埃、煤煙、ゴム・タイヤの摩擦粉、土砂、さび、かびや藻などの微生物など)が付着しやすくなり汚れが目立つようになります。

そのまま放置しておくと・・・

そのまま放置しておくと最終的には塗膜の保護機能が喪失し、外部から水や腐食物質が壁の内部に侵入するようになります。
そうなると窯業系サイディング(外壁板)では膨張し、塗装面(外側)が凹形となる反りが発生し、その隙間が漏水の原因となります。
壁に塗られたラス(金網)などを下地にモルタルで仕上げたものはひび割れが、 コンクリートではセメントのアルカリ性が中和され中性化が進み、また金属系サイディングではさびが発生するようになり、 さらにこれらが進行すると壁からの漏水により建物そのものの強度が低下して建物の寿命に影響を与えます。

早めの手当て(塗替え)でスッキリ

建物も人の健康管理と同じく早めの手当てが必要です。
部分的にさびや塗膜の浮きを発見したら、こまめに補修塗りをするなどメンテナンスを欠かさないことが大切です。
補修や塗替えによって美観を取り戻したり、機能を回復したり、場合によってはデザインを変えたりしてスッキリしましょう。
早めの手当てが長持ちの秘訣です。

PAGETOP