高知の外壁塗装、屋根・内壁塗装、各種塗り替え・防水工事・リフォーム等はお任せください!

塗り替え時期について

  • HOME »
  • 塗り替え時期について

塗替えを判断するポイントは

 家全体に汚れ、チョーキング、色あせ、ツヤ引け等、外観上見苦しい状態
 目視観察で塗面の多くに割れ、膨れ、剥がれ、サビなどが発生し建物まで傷みがある
 一般的な経過年数 

などを組み合わせて判断することです。

建物の汚れが気になりだしたら要注意

汚れ(カビ・藻)やサビ、チョーキング(手で触ると白い粉がつく)が目立ってくる。

塗膜の傷みがはっきり目立ち始めたら早めの塗替えを

外壁や屋根、鉄部に割れ、剥がれ、膨れ、サビなどがかなり目立ってくる。

塗膜の傷みをそのまま放置すると塗膜の異常だけでなく、さらに建物自身まで傷みが進むことが予想されます。
建物表面の塗膜に不具合が見られたら、早めに塗替えなどの手当てをすることが肝心です。

標準的な塗り替え時期の目安

塗装箇所 経過年数
建物外壁(リシン) 5年
建物外壁(吹付けタイル) 6年
建物外壁(弾性吹付けタイル) 8年
屋根(カラートタン) 10年
屋根(新生瓦) 10年
金属部(てすり、鉄扉など) 5年
木部(柱、破風、窓枠など) 3年

※ この表は、標準的な場所の建物について記載しています。   【一般社団法人 日本塗装工業会 資料】より

建物の塗り替えのサイクル

PAGETOP